ブログの話。

大学生活は、とにかくインプットが多い。午前中の講義でインプット。昼に午後のプレゼンに備えてインプット。午後の講義でもインプット。プレゼンという名のインプット。一見アウトプットに見えるようで、自分に言い聞かせてるようなものが多いのだ。

 

Learning Pyramidというものをご存知だろうか。

Edgar Daleさんという1900年生まれの教授が唱えた「経験の円錐」というものがいつの間にか「学習(=経験)のピラミッド(=円錐?)」というふうに置き換えられたもので、平均学習定着率の話をするとだいたい誰かが言及する有名な三角の図である。ググったらたくさん出てきます。

詳しいお話は日本語でまとめた頭のいい人がいたのでこちらで。

 

まあ、少なくともDaleさんの「経験の円錐」は信頼できるものだし、そもそも学習について書かれたものではあるので、よく出回っている画像も数値さえ除けば正しいと言えるでしょう。

 

そしてこの学習のピラミッドによれば、様々な学習方法ごとに学習内容の定着率を比べると「講義を受ける」が他の学習方法に比べ最低、「自分が他人に教える」のは最高の定着率を叩き出したと。この"結果"を受けて、大学の講義-特にうちの学科では「自分が他人に教える」学習方法として学生にプレゼンをさせる、ということなのである。

 

つまりはアウトプットなんだけど、主眼を置いてるのはインプット。

そんなんばかりなので、純粋にアウトプットをする機会はテストくらいしかない。

という文脈で、教授がブログをオススメしてくれたのでこのブログを始めた経緯がある。

 

 

なので基本的にこのブログでは、自分のアウトプットの練習をしようと思っている。

ここまで700字書くのに15分もかかってしまった。

 

もっと多く正確にアウトプットする能力をつけよう。

コツとかあるんだろうか。